Monthly Archives: 7月 2014

有酸素運動で体脂肪燃焼!

af0020000244l女性の皆さんの中で、ダイエットをされている人はいますか。
ダイエットと言えば、体脂肪燃焼効果がある有酸素運動が有効です。

ここではその有酸素運動を短時間で最大の効果を得ることのできる「HIIT」という運動をご紹介します。
「HIIT」とは、High-Intensity Interval Trainingの略称で、「高強度インターバルトレーニング」のことです。
最近、アメリカで大人気のエアロビックトレーニングで、アスリートの間でも行われています。
高強度の運動と低強度の運動あるいは休憩を交互に繰り返すことで、効果のあるトレーニングです。

具体的なやり方としては、10秒ダッシュした後に20秒ジョギング、20秒ダッシュしてから10秒ジョギング、30秒ダッシュしれ1分ジョギング などを繰り返していきます。
他にも縄跳び、水泳、エアロバイクなどを使うものもあり、バリエーションは豊富です。

この方法の一番のメリットは、脂肪燃焼効果がかなり高いことです。
20分のHIITによって減少する体脂肪量は、40分間の有酸素運動の約6倍という研究結果があります。

また、運動後も脂肪を燃やし続けてくれるという利点もあります。
HIITを行うと運動後の代謝が大幅に上昇し、それが日常生活でも続きます。
ダイエット中の方は取り入れてみると良いです。

体脂肪率を下げる食生活

014体脂肪率を下げる食生活について説明していきます。
体脂肪率が上がってしまいますと病気のリスクも上がりますのでなるべく体脂肪率を下げる事を意識していく必要がありますし、見た目が細くても体脂肪率が高い事もありますので自分のスタイル関係なしに下げるような食生活を実践していく必要があります。

そこで、体脂肪率を下げる食生活ですけど、一番は脂肪分をあまり摂取しないようにしなければならないです。
例えばお肉などの脂分、揚げ物などは脂肪分が多くなっていますのでなるべく控える必要があります。

また、カロリーの取り過ぎにも注意しなければならないですので、あまりカロリーが高い食品または料理ばかりを摂取しないように注意しなければならないです。

そして、野菜を多く取り入れる食生活を心掛けていきます。
野菜はお肉や揚げ物のようにカロリーは高くないですし、脂肪分も少ないですので体脂肪率を下げるためには欠かす事ができないです。

また、間食や夜食も控えるような食生活にしなければならないです。
間食や夜食を摂取してしまいますと、そこに3食が合わさるのですから当然カロリーの取り過ぎとなって脂肪分が増えて体脂肪として蓄積されてしまいます。